観光でも無線LAN

ホテルホテルを利用するのは、なにもビジネスだけではないでしょう。観光の時でもホテルは大事な拠点となってきます。現在のようにSNSなどの発展を考えると、室内で無線LANが使えることは大きなメリットを生み出すことになるでしょう。スマートフォンは無線LANが使えれば、データの料金を抑えることができるようになります。少々回線速度の遅い無線LANだったとしても、普段使っている回線よりは高速です。費用負担がなくなることを考えれば、非常に有用になってくるでしょう。

現在は、個人でパソコンを持って歩くとしても、タブレットやタブレットノートのように軽量なものが主体となりました。高性能であり、使い勝手にも問題がないからです。観光に出かけるときでも、さまざまな情報を収集できますし、SNSに発信もできるようになるでしょう。これを考えた場合に、無線LANがあるかどうかはとても重要なポイントになってきます。軽量であるがゆえに、LANポートを持っていないことがほとんどです。薄型になったことで、取り付けられる場所がないということもあるでしょう。そうなると、インターネット回線を使いたくても、有線では何も意味がありません。そうなると、スマートフォンのテザリングなどに頼ることになってしまいます。手間も費用も掛かるのですから、無線LANがついていることは大きなポイントになるのです。

〔参考HP〕https://www.tokyuhotels.co.jp/atagoyama-r/index.html
全室無料でインターネットを利用することができる新橋愛宕山東急REIホテルです。

有線より無線

LANケーブル仕事でホテルを利用することを考えた場合、無線LANがあることは大きなメリットになってくるでしょう。仕事用のパソコンの場合、ノートを持って歩くことがほとんどですので、LANが使えるということが最優先になってきます。有線であっても使えることが重要になってきますが、ケーブルを持って歩かなければいけないデメリットが出てくるでしょう。机の近くにポートがあるように作られているはずですが、距離が長くなることも出てくるため、2m程度のLANケーブルを持参しておくことが安全策です。ホテルにLANコードが設置されていることもありますが、あまりに短いこともあるため注意が必要です。コネクターが見えないような設置方法を採っていることも注意しておかなければいけないポイントになるでしょう。

無線LANの場合、こうした心配はいりません。パソコンに無線LANが搭載してあれば済むからです。何ら用意もいらずに利用できることを考えると、ホテルの設備としては無線LANのほうがいいでしょう。場所も限定されることがありませんし、ロビーなどでも使えるようになるため、フレキシブルな使い方ができるようになるからです。机に縛り付けられる必要がないところも重要でしょう。

ホテルと無線LAN

改札口出張に出たりしたときに、ホテルは便利な空間となるでしょう。宿泊以外でも打ち合わせに使うこともできますし、拠点として活用する方法も出てきます。大事な空間になってきますが、一体どこを選べばいいのか、何を基準にするのかを考えてしまうことも出てくるでしょう。ビジネスとして考えた時には、重要になってくるのは、アクセスにあることは間違いありません。仕事場所とのアクセスの関係は特に重要で、あまりに離れてしまえば負担だけが増大します。そうならないように、できるだけ移動が楽で、電車の乗り換えなども少なくするといいでしょう。車の場合にも、できるだけ近いことがポイントです。周辺環境も考慮しながら選んでおけば、かなり確実な選択になります。注意点としては、ホテル側の距離や時間の表記は主観に基づいているという点です。実際とは差が出てくることもありますので、自分で複数の情報から確認するといいでしょう。

他にも重要になってくるのが、ホテル側が持っている設備にあります。一体どんな設備を持っているのかによって、ビジネスでは差がついてきてしまうことになるでしょう。持ち物にも違いが出てくるようになるため、便利に活用するためにも事前確認が重要です。そのひとつが無線LANであり、あるかないかでは大きな差が付きます。特にビジネスとして考えると、ホテル選びに差がついてくることになりますので参考にしてホテル選びに活用してみてはいかがでしょうか。